ぐりこ's diary

SixTONESの事について語ります

ファンレター

はじめまして、こんにちは、こんばんは。SixTONESさんのことが好きな高二女子です。

ずっとずっとファンレターを書くタイミングが掴めなかったのですが、やっと書く決心がつきました。自分の気持ちを知られるのは、少し恥ずかしいですが読んでいただけたらとても嬉しいです。



私は、SixTONESさんのことを2017年6月中旬頃に知りました。きっかけは友達が田中樹さんのことを教えてくれたことです。詳しく話すと長くなるのでここでは省略させていただこうと思います(笑)



私は、森本慎太郎さんのファンです。けれども、実はほかの5人も同じくらい好きです。ただ、SixTONESさんを知る上で初めの方に見たバカレア高校がとても印象に残っていて、慎太郎さんへの好きが少し多いのだと、自分は思っています。



ファンレターって何を書けばいいんでしょう、すごくドキドキします。あー緊張する。どこか日本語がおかしいところがないかってソワソワしてます(笑)



ジャニーズのファンをしてると、あなたは推しのどこが好き?ってよく聞かれるのです。今までジャニーズのファンをしてきて、この質問は何度もされました。正直、この質問が1番苦手です。あ、安心してください。悪い意味じゃないのです。


SixTONESさんのどこが好き?って聞かれると、たくさんのことを思い出します。本当にたくさんです。バカレアの頃のエピソードや、それ以前のエピソード、SixTONESを結成してからのエピソード、それぞれ6人の好きなところ。本当にたくさん思い浮かびます。だけど言葉にしようとすると、どの言葉が最適でどの言葉が1番自分の気持ちを伝えられるのか分からなくなってしまいます。自分の気持ちを伝えるには少なくとも三日間はかかってしまいますもん。きっと。だから、ただ、好きってことしか、言えないんです。大好きって。









顔が好き、スタイルが好き、声が好き、などたくさんあると思います。私もSixTONESさんに対してこの気持ちを抱いております。でも突出しているのは、パフォーマンスが好き、っていうことなんですね。本当はこんな簡単な言葉で表したくないんですけどね。もっといろんな気持ちをSixTONESさんに対して抱いております。私が上手く言葉に紡ぐことができないのと長すぎてしまうという理由で、これも省かせていただこうと思います、すみません(笑)







SixTONESさんに出会ってから、私の人生は180°変わってしまいました。SixTONESさんに出会うまでの人生も、それなりに楽しく過ごしていました。ですが、SixTONESさんを知ってSixTONESさんを応援するようになってから、毎日がキラキラしているのです。本当ですよ?毎日毎日楽しくて、嫌なことがあってもすぐ忘れられるんです。ストレスが溜まらないんですよ。SixTONESさんを見てると。





SixTONESさんを好きになってから、私は自分のことを好きになれました。今の私は、SixTONESさんを応援してる時の自分が1番大好きで、誇りに思っています。


自分でも、なんでこんなに自信もって自分のことが好きだと言えるんだろうって考えることがあります。やっぱり一番の理由が、その時が1番生きてる感じがする、っていうのがあるからなんだと思います。SixTONESさんを見てる時の私は特にキラキラしててぽわぽわしててワクワクしててすっごく可愛いと思ったり(笑)最後のは嘘ですけれど、SixTONESさんを好きって言ってる時の自分がとてもとても大好きです。






こういう風に思える存在って、今までの私にはなかったんですよ。SixTONESさんを知ってから、このような感情があることを知ることが出来ました。ありがとうございます。すごく大事なことを教えてくれて。





SixTONESさんを見てると、どこまでも行ける気がしてなりません。これから先の人生、すごく濃くて幸せで悔いの残らない人生を歩めると思います。SixTONESさんとなら。


少し重すぎますかね(笑)




改めまして、SixTONESの皆様、このファンレターをお読みいただき、ありがとうございます。私の気持ちがSixTONESさんの目に触れたことが少しこそばゆく嬉しく感じております。



SixTONESさんのことが大好きです。これからもずっと応援させてください。一緒に夢を見させてください。私はどこまでもついて行きます。





××より



























みたいなファンレターが書きたかった。

オタ卒、について

はい、誰も読んでいないであろうこのブログ。今回は勝手に突っ走っていきまーーーす!どうせ見る人なんかいないんでね、ええ分かってまーーす。




私ってなんか知らないけど人のブログ読むの好きだよなぁ、、。まぁ、だって面白いもんなぁ。うん。でも色んなのがあるなぁ。たまに読みたくなかった話題のときなんかもあるなぁ。そういう時、素直にそこで読むのやめてしまえば余計なこと考えずに済むのにさぁ、でもやっぱりブログ読むの好きだから読み進めてしまうよなぁ。読みたくないのに。









私が読みたくない話題。












オタ卒についてのブログ












これ関連にはとても弱い。何故か知らないけどめっぽう弱い。心がつらくなる。









だって、私、オタ卒なんてしたくないから。そんなの嫌だから。






まだわたしは、わたしと17年ぽっちしか向き合っていないけれど、わたしのことは私がいちばんよくわかっている、つもり。だからよく分かってるつもりなの。こんなに好きが続く存在、これから先、一生現れないんだろうなって。もしかしたらその考えは間違いかもしれない。大人になった私がこれを読み返した時全然違うしとかいって笑ってるかもしれない。でもまだまだガキだけど少し大人な今のわたしは、こう思っている。私はずっとこれからもSixTONESを好きでい続けるんだろうな、ってね。











ある人に聞かれた。SixTONESがいつまでにデビュー出来なかったらオタ卒を考えるのか、と。正直、一瞬ぽかんとした。何言ってんだこいつ、と。何言ってんだ。わたしはオタ卒しないと決めていると返した。この時わたしはショートした頭で一生懸命考えて考えてどの言葉がいちばん自分の気持ちを伝えられるのかと必死だった。でも無理だった。そんなこと1度も考えたことがなかったから。その人とのその事についての会話は意外とあっさりと終わった気がする。拍子抜けした。もっと話してくれると思ってたから。自分の気持ちも。(あとでその事については話したけれども)だから、一気にドキドキしてた心臓が落ち着いてきた、体がずっと熱かった、一気に冷えた。数分の出来事だった。でも私には数時間に感じられた。とてもとても苦しかった。泣いてしまうかと思った。







今まで1度も考えたことがなかったことを、むしろ無意識に避けてきたことを聞いてきた。正直、困惑した。なんて言えば。でも早く言わなきゃ。その時のわたしの日本語といったらとてもじゃないけど意味の理解はできなかったと思う。だから半分も私の気持ちを伝えられていないと思う。






なのでその人に本当の私の答えを示すと同時にわたしは無意識に避けてきたこのことについてちゃんと考えてみようと思いました。






いつまでに、、、、。正直にいうとそんなの分からない。あなたは2年後になってもデビュー出来ていなかったら考えると言った。それはわかる。めちゃくちゃわかる。というかそういう意見が大半だと思う。






いつまでに、、、。いつまでに、か。いつまで?いつまでにデビュー出来なかったら?いつまでなんだろう?







実はこのブログを書き始めた時からずっとずっとずっと考えている。なんならあなたとこの話をした時からずっと。













私にとってオタ卒は、それまでの自分を否定してしまう行動だと思っている。今、わたしは自分のことが大好きだ。そう思っている自分を否定してしまう行動な気がするんです。ちょっと意味がわかりませんよね。なんだろ、うまく言葉にできない。





自分を否定することって絶対に今もこれから先もやってはいけないことだと思うんです。自分が自分を好きなことってわたしはすごく大事なことだと思っていて、大切なことだと思っていて、とても、素敵なことだと思うんです。






、、、、、、、、、今わたしは一生懸命言葉を紡ぎだそうとしています、でも何も浮かんできません。

ただ、心の中にあるのは、やっぱり、わたしはずっとずっとSixTONESを好きでいたい応援していたい、ってこと。







やっぱり私にとってこれが全てなんだと思います。ほかにはなにもいらない、わたしにはSixTONESが大好き、この気持ちだけでいいと思いました。





もしSixTONESがバラバラになったら、SixTONESのメンバーが変わってしまったら、とかそんな風な私にとってつらいことは考えたくない、というのが本音です。と同時にこれがあなたに対しての答えです。うまく伝えられなくてごめん。というか質問の答えになっていなくて本当にごめん。でも私にはこれしか言えないや。


本当を伝えるどころか半分を下回ってしまった気がする。




あぁ、早く日本語が上手くなりたい。



SixTONES大好き

2xxx年の君へ

このブログは未来の私宛に書いたものです。



今、自分が何を思っているか考えているか、それをこの先、将来にも残そうと思って。特に意味は無いんだろうけど、もしとてもつらくて苦しくてSixTONESを好きなのをやめてしまいそうになったらその時は、私にはこのブログを読んでほしい。と思います











未来の私へ


あなたは今、このブログをどのような気持ちで読んでるんだろう。わからないな、未来の自分のことなんて。つらいのかな、苦しいのかな、もう既に泣いてたりするのかな。きっと泣いているだろうな。あなたは極限まで誰にも言わずに自分の中に押し込めてしまう人だから。全くめんどくさい人ね、あなたって。




今はね、2018年の夏、平成最後の夏だよ。来年には年号変わっちゃうんだって。驚きだね〜。どんな年号になるのかな。


ちょうどSixTONES東京ドームシティホールで公演をやってるよ。すんごい楽しかったよ、参戦したんだよあなた。7月29日。覚えてるかなぁ、君。とっても素敵な思い出になってるといいなぁ、たまには思い出してニヤニヤしてくれてるといいなぁ。幸せであってほしいなぁ、未来の私。





このブログを書こうと思った理由はね、将来あなたがこの先どうすればいいかわからなくなった時何をすればいいか、すごく辛くて苦しくて、SixTONESが嫌いになりそうになった時、に、今の自分(2018/08/03 03:36:36)はこう思ってるよってことを伝えたかったからです。



今の私はね、SixTONESのことがだーいすき。本当にすき。だいすきよ。他のことにも目が入らないくらい、生活がSixTONES中心で回ってるよ。最近、思うことが沢山あってね、もちろん嫌なことだって。そのおかげで少し冷静になれたりして。でも、そんなこと考えたって最終的にはSixTONESのことがだいすき、で落ち着いたのよ。いや、全然落ち着いてないけどねサマパラのレポで毎日心臓ずっきゅんばっきゅんしてる、本当に忙しい。楽しいよ毎日。幸せだね






夜になると、必ずといっていいほどスト担が書いたブログを読みまくっています。もしくは2018年1月らへんのスト担の言葉を読み返しています。2018年1月らへんっていって何があったか分かるかな、今でも忘れてないんだから、多分忘れないよねこの先も。それを読んでると気づいたら涙が出てきています。そして、SixTONESのファンで良かった、と、必ず思います。これからもSixTONESのファンでいよう、とも。






すごいね、こんなに長い時間何かを好きになれるって。何かを応援できるって。幸せなことだね。



こんなに長い間思える存在がいたことなんてなかったんだよ、君。もうこれは運命しかないじゃないか。もうこれは、一生追い続けるしかないじゃないか?そうだろ?





このブログを読んでるってことは少なからずSixTONESのことが好きな状態ではないんだろうね。今の私にはどうやってその状態になったのか全く想像ができないから、あまり下手なこと言えないけれど、それでも言いたいことがひとつだけ、ある。




















お前はそのままSixTONESから離れていって、その先の人生、楽しいものにしていけるか?幸せなものにしていけるか?




後悔せずに生きていけるのか?


って。







こんなに好きだったものを手放しちゃうなんてもったいない、なんて今の私は思ってるよ。うるせぇよ、なんて君は言うかな。



でもほんとだよ。










初めてなんだ、こんなに思える存在に出会ったの。初めてなんだ、こんなに心を動かしてくる存在に出会ったの。この先、一生こんな思いをさせてくれるものには出会えないだろう、なんて17歳の君は思ってるよ。







だから嫌で嫌で苦しくて辛くて、そう思ってしまう自分が嫌になってしまったとき、君にはこのブログを読んでほしい。






わたしはSixTONESが大好きな君がいっちばん大好きだよ。ってね











このブログを読んでくれてありがとう、未来の私。でもなるべくなら、読むのはずっとずっと後でいいよ。


(2018/08/03 03:53:28)

名前のないこの気持ち

こんばんは。こんな時間(2018/05/13 02:51:36)にブログを書こうとしているの充分おかしいですけど今日バイトないんでね思う存分夜更かしできます。







ただいま携帯の充電が20%です。このブログを書き終わった時に何%にまで減っているか。読者様方、よろしかったら予想してみてください。最後に答え合わせします。













ちなみに私の予想は5%です。












最近の出来事と言えば、、、、、、、、、、ブラックペアン?なのかなぁ。毎週のYouTubeとブログを除けばそれだけなのかなぁ。もっと他にもあったかも知れないけどこの寝ぼけた頭で思いついたことはこのくらいです。ん〜〜足りないなぁ、、って思っています。まだまだ全然。欲張りだけれど。現場も未だ発表されていないし。暇です。本当に。このまま何も決まらないでいると、今までずっと熱が冷めずにいた私がこれから少しずつ冷めていきそうで、怖いです。冷めたくなければ私が頑張ればいいのかもしれないですが、私はいつだって未来のことを見据えていたいから。あまり過去を振り返って、あー、このときのこれ最高だったな〜とか、うっひー、いやんかんわいい〜とか言っていたくないんです。そりゃあこんなこと言ってる私ですがたまに過去を振り返りたくなって気持ちがバカレアにまで遡ったりする時もあるけれど。それもそれで最高だけれども。でもな〜やっぱり未来のことの方が大事だよな〜!って。20180326が訪れるまでの日々、とっても楽しかったんです。嫌なことの記憶なんて何一つありません。キンプリのデビューのことなんて頭からすっぽり抜け落ちていました。それぐらい楽しみで、ウキウキわくわくしてるその日々がとても楽しくて幸せで。私はそんな日々がまた来て欲しいなって。だって今は、何も無い。何も決まってない。雑誌とかじゃ、満足出来ないです私は。もちろんすごくすごく嬉しいですけれど。やっぱり今の日々はあの頃には勝てない。あの頃が最高すぎた。










今回のブログのタイトル、名前のないこの気持ち。なんていうんだろ、まだ何も決まってない今が、、とても、つまらない、、と言いますか。もちろんスト担の方とたくさん絡んでて、楽しいんですけど、、なんか、足りない、というか。こんな気持ち。
























こんな気持ちのままじゃ、嫌だなぁ。














すみません、ここまで書いといてなんですが、何を書き残そうとか決まってない状態で書き始めたのでこのブログの着地点を見失っております。











つまり、なんですかね。私はいつも何かを楽しみにしていたい、と言いますか。例えばSixTONESが地上波に出る、とか、SixTONESがドラマにでる、とか、SixTONESが音楽番組にでる、とか、ほんの小さな出来事でもいいんです。SixTONESがたくさんの人の目に触れる機会が早く欲しいんです。一番欲しいのはやっぱり現場です。テレビとか雑誌よりも何よりも1番なのはコンサート。私はそういう考え方を持っています。










今の時点で楽しみなのは5月14日に20180326の動画が情報局の方で上がるかもしれないということです。その次は5月18日の 世界くらべてみたら という番組。それが終わったら次は何があっただろう。











結局、私っていつまでも貪欲なのね。もう少し余裕を持って彼らのことを待てないのかしら。














はい、残りの充電、何%でっしょーーーうか。
正解は、、、、、、
















15%


















、、、、、、、おい。全然減ってねぇじゃねぇか。5%だけじゃねぇか。おいおい誰だよ5%にまで減ってると思うなんて言ったの。そうだよ私だよ。













ということでね、今回のブログ、ちょっとお遊びも取り入れたりなんかしてやってきたわけでしたが、いかがだったでしょうか?って聞くのもおかしいですね。はい、すみません。気が向いたらでいいんですが、どうか私にあなたが残り何%だと予想したか、よろしければ教えてくださると嬉しいです。えぇ、ただの私の興味です。めんどくさければ教えてくださらなくても結構です。えぇ、本当に何なんでしょうね私。このことついさっき考えました。本当に思考回路がおかしい。













終わりの挨拶が長くなりました。












ここまで読んでくださってありがとうございました。最後まで何を言いたかったのかわからないまま終わるこのブログめちゃめちゃグダグダでしたね。












ぐりこでした(2018/05/13 03:23:25)

最初の夢が叶った日②

はい、なーーんでこんな時間にブログを書こうと思ったんでしょう、私。学校ですよ学校!起きれるんですか!!頑張れよ私!(2018/05/09 01:15:31)




今回のブログは前回の続きです。前回のをまだ読んでいない方がいらっしゃいましたらぜひそちらから読んでくださいな。めんどくせぇって方がいらっしゃいましたらこっち読んでもいいよ、意味わかんないと思うけど。









えっと〜どこで終わったんだっけ?あ、、そうそう髙地優吾担のとこだね、、そうねそこからだったわ。











その髙地優吾担とのゴタゴタが終わってから何があったのかよく覚えてないんですけどね







気づいたら、周りがペンライトの光で染まってたんです。青、黄色、赤、ピンク、緑、白。








みんなSixTONESSixTONESSixTONES!って呼んでて、、。あ、私も呼ばなきゃって思いながら叫んで、叫んで、声が枯れるくらい。叫んでたらね、なんかわかんないけど心臓がギュッて痛くなって。周りの声が大きくなるたんびに、このあとすぐに、SixTONESが、出てきてくれる。本物に会える。って思ったら、顔が崩れて、声が出せなくなって。そしたらモニターになんか意味わかんない緑のヤツが出てくるわけよ、は?ってなりました私。ちょっとちょっとおいおい、私泣きそうだったんだけど今、え、ひっこんじゃったよ、涙。ってそこまで瞬時に頭に思い浮かびました。でもその後6人の名前と顔が映されるわけです。順番なんか覚えてないさ、あまりにもブログに書き出すタイミングが遅すぎた。でもな、ひとりひとり映されるたんびにみんなが叫ぶわけ、そんな状態私は初めて経験したからさ、叫ぶなんてできない、呆然と立ち尽くしてましたよ。状況に理解ができなかった。え、待って待ってこのオープニングめっちゃ、どうしよう、え、デビュー組?って。なってたよ私の頭。そっからのあの曲よ。新曲、Jungle。















イントロを聴いた時なんです。私が唯一顔を崩して泣いたの。それを聴いた時、過呼吸寸前でした。手が震えて、仕方なかった。あの時の感情をどうやって表せばいいのか今でもわからない。多分一生わからない。













でも一生忘れない。












しょっぱなから新曲だったから、私はもちろん他のみんなもわからなかったはずなのに、みんなノリノリですごいなって思った。



ありきたりなコメントでつまらない?私ならもっとほかのコメント言うと思ってた?私だってみんなと思うことは同じだよ。知ってるでしょ。私、文章作るのが下手くそなの。でも文章作るのが好きなの。許してよ。









すっっっっっっごいかっこよかった。遠くからでもわかった。ずっと会いたかった。ずっと歌声が聴きたかった。今、ずっとしたかったことが出来てる。なんて凄いことなんだろうなんてその当時には考えられなかったよ。一気に飲み込まれてしまったの。樹ちゃんが言ってた通りになっちゃった。セトリなんかもいちいち覚えてないから、詳しく感想とか言えないけど。いくつか、印象に残ったこと。ここに書き残そうかな。












まずは髙地優吾のソロ。こちこち、可愛かった。煽りが。もう。え、あそこにいるちっちゃいのこち?あぁ、もう可愛い。なんかもうごめん可愛い。歌声も素敵だし。ちょくちょくメンバーでてくるの、最高だったし、可愛すぎだし、めっちゃ愛されてんな。もう最後のジェシ!ああ、もうジェシすき!!!!ごめん可愛いしか言ってないごめん。本当にすみません。許して





次に森本慎太郎のソロ。慎ちゃん。そう自担。衣装がドンピシャだった、、、。ジーンズかっこいい、、。その時は戸塚くんの曲なんて聴いたことなかったからその場で初めてVっていう曲を聴いたの。すぐ忘れてしまいがちな私が唯一覚えたフレーズ。大喝采浴びたくて。この歌詞。モニターでも見て、ちゃんと確認した。それと、ここを歌う慎ちゃんの声がとても好きだったの。すっごい甘くて、優しくて、とろけそうだった。好きだなって。やっぱり私は慎ちゃんが大好きだなって思ったの。それと、ステージに戻って後ろのセットを使ってダンスする姿、とても素敵だった。映像や音にバッチリハマって見るのがすごく楽しかった。私、慎ちゃんのダンスが大好きなんだよ。それが実際に見れて本当によかった。本当に。





そんで、私の大好きなJaponica Style。みんながよく騒いでる布だよ布。あって良かった、、、。北斗の仰け反りも見られたし、扇子投げる所も見られたし、アレンジなのかわからないけど、Japonicaの衣装で太鼓叩くっていうもしかしたら他のとこではやらなかったかもしれない(知らんけど)レアな所も見れたし。本当に最高だった。








やばい、眠い、、、、めちゃめちゃ眠い、、うわぁ眠いでも寝たら次のとき絶対書けない、、下書き置いたら次書けなくなってることはもうわかりきってるんだ。、やめろ寝るな私。(2018/05/09 01:48:33)












あと本当にずっと言ってるのがLOVEJUICEよ。なんだあれは!!!!は!!!!えっっろ!!!おい!!お前らよぉぉぉぉって。うん。そうなるわなったわ私。ふざけんなてめぇら引き出し持ちすぎだよ!!!!!好きだよ!!!正直言うと、スモークで全然見えなかったけど、ネクタイ噛んでるところはモニターで見ることが出来たからもう見た時は心臓抉られてさ、、しんどすぎるって。しかもそこからMCって!!!強すぎかおまえら!!












MCの感想!!!!!!????誰かが時間早送りしたから無駄に楽しかったことくらいしか覚えてないよ!!早すぎんだよ話題変わるの!!!!!まじかよ!!!ついてけねぇよ!!好きだよ!!!(2回目)












MCのあと、確かジェシーのソロだったかな。最初泣いたっきりでそこまで全然泣いてなかった私がそこで二回目泣いたの。ジェシー色に染まってる中でジェシーが1人歌ってるの。ジェシーの声しか聞こえない。こんなにロマンチックなこと経験したの初めてだよ。泣くに決まってる。その後きょもと歌ったWhy(?)(もうだめ順番ごちゃごちゃだと思う)(全然覚えてない)その時も泣いたの。2人のハモりがもう綺麗で綺麗で。最後2人でお辞儀とか可愛すぎだし。












あ、そうそう京本大我のソロ。きょもちゃん。あなたの声がやっぱり大好きです。茜空。私も大好きこの歌。歌えちゃう。聴いたことない歌詞もあったけれどとても綺麗で、透き通ってて、こんなに素敵な声が生で聴けるなんて幸せ以外の何物でもない。最後の方のビブラートが響いてて、本当に綺麗で。そこで涙がはらりと。自然とポロッて出てきちゃったんだよな。












からの田中樹のソロ。樹ちゃん。うん、めちゃめちゃ眩しかった。ちょうどね樹ちゃんの方見ると樹ちゃんの向こう側の方の照明がこっちにも直で当たるわけ。めちゃめちゃ眩しかった。でもかっこよかった。光にも負けないくらい。すごいギラギラしてた。めっちゃイケイケ。かっこよかったなぁ。









あ、絶対順番間違えた。時系列完璧に間違ってる。だってソロ披露したの松村北斗が最後じゃないでしょ?あちゃーーー、やっちゃった。まぁいいや。北斗さんね、、、もう、、なに?はぁ???って、わかる?なんかさ、もう至福の溜息しか出てこなかったわけ。ずっとずっと魅了されてた。表現力高すぎたって、、、儚すぎる。あーー虹を歩いていきたかったなぁ。












やっぱりこのブログで書き残すにあたってこれは外せない。











いつだか忘れたけど、Beautiful Lifeを歌ってる時。あの時が1番最高だった。樹ちゃんの提案であたり一面真っ赤になったの。あんな綺麗な景色見たの初めてだよ。あんな素敵な景色。そこまで一切何も言わなかった隣にずっといた私のお母さんが唯一そこで声を上げたの。、、、うわぁ、、綺麗、、。って。あとから聞いてみても、すごいって。あの時だけ、、本当に少しの間だけ。SixTONESから目を離したの。少しでもその景色を目に焼き付けたいなって。もしかしたらこの行動はおかしいのかもしれない。でも私は目に焼き付けたかった。だって一生忘れたくないんだもん。












本当に綺麗で、体の芯から何かがぶわぁって湧いてきて。あんな経験したの初めて。












あ、そうだ、髙地優吾担のおかげでっていう話を前回でちょこっと話したでしょ?それね、実は、最後のダブルアンコールで、こちが私のいる側に回ってきたその時にその髙地優吾担がもってたカンペを前に出したらこちが気づいてくれてねファンサしたのね。グッドサインだかなんだか。ニコニコしながらファンサしてくれたから、めちゃめちゃ嬉しかったのよ私も。きゃーーーーー!!!ってなった。うんただそれだけの話。、、、、あれ?つまんなかった?ごめんねこの話、私の中では意外と大切にしまっておきたい話なのよ。忘れたくない話だからここに書き残したの。許してね。












長いよねこのブログね。私も書いてて思った。そろそろ私も疲れてきちゃった。思い出しながら書いてたからめちゃめちゃ時間かかってるようん。(2018/05/09 02:12:46)ひゃあん、朝起きれますように朝起きれますように。













今回のブログもしかしたら嫌いな人たちが多いのかもしれません。でも私はこのブログ、史上最高のものになりました。語彙力皆無のこのブログだけれど。そんなの関係ない。初めて夢が叶った日のブログなんて、特別だもん私にとっては。













最初の夢が叶った日。私はタイトルをこれに決めました。夢が叶った、それはとても嬉しいこと、幸せなこと。でもまだ「最初」の夢。





私の夢はまだまだたくさんある。
まだこれっぽっちも叶ってない。
この出来事はとても大きいことでこの先一生忘れない。








だけどこれだけじゃ終わらせない。もっとたくさんの夢を見たい。叶えたい。









このブログで私が伝えたかったこと。ひとつは20180326で私が感じ取ったこと、すごく少なかったけれどもその1部を皆さんに伝えられたから、それで良かったかなって思います。もうひとつ、




















私はこんなんで満足しちゃいないってこと。
私はもっといろんな彼らが見たいんだ。
雑誌でいろんな企画をする彼らも見たいが、そういうことではないんだ。わかるだろ?



こんなんでって、そんなこと言うのやめろよって?残念だが私はやめない。私は彼らのことをもっと大きなところで見たいんだ。大きなところで活躍してるのを見たいんだ。大きなところで夢を叶えてるところを見たいんだ。












だから、これはまだまだ私にとっては小さな1歩。












夢が叶った日があの日で良かった。夢を叶えてくれたのが彼らでよかった。












SixTONES、綺麗な景色を魅せてくれてありがとう。一生忘れないよ。























これからも大好きです。

最初の夢が叶った日

今回のブログでは20180326のことを書こうと思います。


このブログを読んでくれるであろう私のTwitterのフォロワーさんの中で、ジャニーズJr祭りSixTONES単独公演に参戦出来なかった人がもしいたら、もしかしたら、このブログは見たくないものかもしれないので、この話題を出されただけでも嫌な方がいらっしゃいましたらここで読むのをやめてしまってもいいです。むしろそうしてください。





それでも読みたいって方がいらっしゃいましたらよかったら読んでほしいなと思います。多分とてつもなく長くなります。今の時点では分かりません。(2018/05/06 03:30:52)











前回、ブログのタイトルのことについて触れました。今回のブログのタイトルは、最初の夢が叶った日。そう、私の最初の夢が叶った日。それは20180326です。今回のブログのタイトルはすんなり決まりました。えぇ、書く前からこの話題を書こうと思っていたんでね。すぐ決まりましたよ。ただ、「最初の」を付けるか付けないか迷ったくらい。







その日は、起きた時から気持ちが浮ついていて何をするにもぼんやりしていてそれでもすべきことはちゃんとしていて。 準備も終わり、いざ出発、といったところで、一緒についてくるはずの私の母親がどの服を着ていこうか迷ってるとかなんとか。いいんだよそんな気にしなくて、普通の服で来なよあなたはジャニオタじゃないでしょ。とか思っていました。 少し慌ただしい中で、家を出たのはいいものの出発の電車に乗れるかどうかギリギリの時間。車の中で音楽を聴きながら少しソワソワしてました。結局予定した電車には乗れず、1本後の電車に乗りました。電車を待っている間でも気持ちがずっと浮ついていて、何をすれば良いかわからず、でもTwitterを見たら充電がなくなる、と思い、周りをキョロキョロ見たり、お母さんと話したりしていました。 電車が来て、乗って、そこでもまだ実感はなくて、私は電車に乗ったら携帯をいじらない人なので(酔うから)、窓側に立って流れていく景色をぼんやり見つめていました。時々止まっている時に少しみんなの様子をTwitterで眺めていたりはしていたけれども。そんなこんなで、新横浜駅についた時も、まだ実感はありませんでした。あー、人多いな、出口どこ?みんなどこにいるんだろ?あ、その前に化粧直さなきゃとかそんなことを考えていました。




夢が叶うんだ、好きな人たちに会えるんだ、そんなことを実感したのは実は、もっとずっと、後なんです。会う約束をしていた人達に会ってお話してても、なんかずっとふわふわしててあーー幸せだな、これはリアルな夢なのかなー、いつ覚めるのかなーなんてそれはちょっと言い過ぎだけれども、この後まさかずっと会いたかった人達に会えるなんて思っていなかったんです。








お昼を一緒に食べる約束をしていた人と会ってお昼を食べて、、あの時のサンドイッチ美味しかったなぁ、また食べたいなぁ、、、まさかサンドイッチ食べてる時に横浜アリーナの裏でSixTONESが会場入りしててまさかその時にYouTubeの撮影してたなんて思わなかったよね。偶然そこに居合わせた人、いいなぁ、、あ、でも私はその場にいなくて良かったのかも、、これから会う大好きな人にみんなよりも先に会っちゃったらなんか嫌だから。なんか。もちろん、そんなところにもし実際居合わせたら、めちゃくちゃ騒ぐけどさ。





お昼を食べ終わって、その人はこの後用事があるといっていたのでそこでお別れして、私はそのまま横浜アリーナの正面に向かいました。そこでたくさんの人に出会いました。そこでも私は気持ちがふわふわしてて。横浜アリーナの裏に行って会う約束をしていた人に会うために走り回ったり、その時にずっと後をついてきてくれた2人の方、とても感謝しています、ありがとう1人にしないでくれて。お母さんとずっとはさすがにきつかった。








私は私が一番好きな人と会場入りしたかったので、その人と開場時間ギリギリに会って、少しお話して、開場の時間17時に入ろうとしてみても、なんか横の階段みたいなところ登らされたりして、迂回させられたけど、階段の上から横浜アリーナの正面見たときはもう人がたくさんいて、あたり一面人の海。なんじゃこりゃ、やばいな、え?きもいな、きもちわる、え、待って、この人達全員SixTONES見に来てるんだよね、、え?多いな、、すっごい とか語彙力が空に飛んでいったようなことを思っていたわけです。それでもそこではまだ実感はありませんでした。ただ、流れに乗って進んで、流れに乗ってチケットをもらって、残念ながらその一番好きな人とは、席が離れてしまって、席まで一緒にいくことは出来なかったけれども。コンサート自体が初めてで、チケットの見方もわからず標識を見ながら、歩いて探して、係員の人に聞いたり、中に入ってみても、何列何番とかも何もわからず、横浜アリーナの中の様子も全く知らない状態で行ったので、係員の人に席まで案内してもらって。




































そろそろ実感が湧く頃だと思うでしょ?






























でも私はこの時まだ実感が湧いていませんでした。


















遅すぎだよお前。





















知ってるよ。私が1番思ってる。













団扇とかペンラとかの準備をして、Twitter開いて席ここだったよツイートして。始まるまで少し時間があったから周りを見渡してみたら、本当にいろんな方がいて、うわぁ、すごいなって。単純にそう思っていました。












まぁでもそこで嫌なことは起こったんですよ。唯一。幸せな日になるはずだったのに。










隣の髙地優吾担の方が、始まる前、すみません、始まって少し経ったらここに森本担がくるんでこの席を譲ってくれませんか?って言ってきたんですね。私に。私は一瞬、思考停止いたしました。、、、、、、ん?こ、れは、、どういう意味?え?もしかしてあれですか?どけ、とそう言われているの?って。それで私はこう返したんです。、、ん、つまり、それは私にここをどけって言っているんですか?って。そうしたら、はい。と。いやいやいや、無理ですよ。そんなんって言って突き放しました。そこで一気に気分が悪くなりました。謝られたけど、冗談じゃねぇよ。この席は私が自分の名義で当てたんだよ。譲るわけねぇだろって。





本当に気分悪くなった。今でも鮮明に覚えてる。この出来事がなければこの日は私にとって史上最高な日になるはずだった。のに、この髙地優吾担のせいで一気にぶち壊し。






まぁあとで、この髙地優吾担には感謝することになるんだけども。




























続くと思ったでしょ。このブログ。めちゃめちゃ気になるでしょ。この先。





だ、け、ど、続きません。




そろそろ終わらせないと私が朝起きれないから、バイト遅刻しそうで。(アレ既視感)






5時間睡眠で一番混む時間のバイトを乗り切れる気がしないのでここら辺で、一旦、終わりにしようと思います。






今回のブログは最初の夢が叶った日、まだ核心まで話は進んでいませんが、この次のブログで核心がつけると思いますので、次のブログもぜひ読んでいただけたらなと思います。











さて、史上最高に長くなりました、今回のブログ。ここで一旦終わりです。(2回目)





ぐりこでした。
めちゃめちゃなげえじゃん40分近くずっと書いてたのかよ私。(2018/05/06 04:15:11)

彼らのせいで

えっと〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ただいま、(2018/05/02 02:15:16)です。
早く寝ろってな。そう。私は寝たい。めちゃくちゃ寝たい。だが、寝れない。、、、はぁ。



前日は5月1日、SixTONESの結成3周年の日でした。い〜〜〜〜〜や〜〜〜〜〜Twitterのタイムラインがとても幸せだったな〜!!全部全部、スクロールしても全部SixTONESへのお祝いツイートばかり。多くの人からのSixTONESへの愛溢れるコメントばかり、本当に幸せだったな。樹ちゃんエゴサしてくれたかなぁ?












とまぁ、ここまでちゃらんぽらんと書いてきました、が、このタイトル。、、、、うん。なんで?そう。私も思った。なんでこのタイトル?って。


私ブログ書く時下書きとか何も書かずに一発で書いてるんですよ。(あ、もちろん少し直したりはするけれど)それでブログを書くにあたって色んな順番があると思うんですが、私はタイトルから決めてしまう人なんですね。ベッドの上で座って少し考えました。どんなタイトルがいいかなって。前日はSixTONES結成3周年、あ、この前はjungle100万回いったな、いや、でもその前に私20180326のこと書いてなくないか?とかとか。色々考えました。そうですね。このはてなブログを開いてタイトル考えるまで私、何についてブログ書こうとかって考えてなかったんですよね。準備が足りなかったです。はい。


色々考え抜いた結果、このタイトル。
うーん、私の思考回路を私が覗き見たいです。どんな思考回路してるんだい。


彼らのせいで、、、かぁ。






彼らのせいでこんなに人生変わるとは思わなかった。


彼らのせいでたくさんの人に出会うとは思わなかった。


彼らのせいで毎日何かしら気持ちが動くことなんてあると思わなかった。


彼らのせいで、、、、、、







こんなに自分のことが好きになるなんて思わなかった。









挙げたらキリがないな。こんなんじゃない。もっと沢山ある。でもこのまま書き続けたら私、絶対学校遅刻するから。朝起きれなくて。


おかしいなぁ、さっきまで眠くて眠くてこの後文章を書くなんて気力持ち合わせてなかったはずなのになぁ。なぜ、急にはてなブログ書こうって気になったんだろう。本当、おかしいなぁ。







多分、感傷的になっているんだろうなぁ。ここのところ毎日何かしらあるからさ。山口さんのこととか渋谷さんのこととかあとは、キンプリのデビューが近づいてることとか。






私、本当一年前まではジャニーズに関しては嵐を知ってるくらいだったんです。本当に。なんの知識もなかったんです。少し嵐の曲を知ってるくらい。ほんとそれだけ。



なのに、、今となっては完璧なジャニーズオタク。家の関係でグッズや雑誌はそれほど持っていないけれど、でも知識量は立派なジャニーズJrオタク。





SixTONESのおかげでジャニーズの色んなことを知れたなぁ。




このブログ、1回下書きに置いちゃって2回目今見たんですけど(2018/05/04 16:07:20)もう、2日前の私が何を書きたかったのか2日後の私がもう覚えていないのでこのブログここで終わりにさせていただきます。次回、私の気が向いたら20180326のことを書こうかな。






ここまで読んで下さり、ありがとうございました。







ちなみに私、今Twitter低浮上しようと頑張ってるんですけどTL見た時点でもう無理だって悟ったのでこれからもツイ廃として活動していきますね。







今日の少年倶楽部とても楽しみ、みんなと騒げたらいいなぁ。






ぐりこでした。